君の名は・・・(すみません。映画の話じゃありません)

yumgyumg900244

私の名前は「由美子」です。
 
電話口で「漢字ではどう書きますか?」と聞かれると「自由の”由”に”美しい子”です」と平然と、あくまでもサラリと事務的に言いますが、心の中では気恥ずかしさに身をよじっています。
 
だってねぇ・・・
自由の”由”はまだしも、”美しい子”って・・・
どの口が言う、どの口が・・・
まったく、あつかましい・・・

かつての職場でのこと。
電話応対をしていた後輩が、先方のお名前を確認するのに「阿呆の”阿”ですね!?」と言い放ったときは、イスから30㎝くらい飛び上がりそうなくらいビックリしました。
でもこれって、自分もやらかしてしまう可能性があるなぁ、と気を引き締めた次第なのですが、さて人名というものは大変難しく、パソコンで人名入力をしていると「阿呆の”阿”」に近いことが起こります。
 
 
いま、仕事(移住・交流促進)で取り組んでいる「300人プロジェクト」では、いろいろなお名前に出会います。
今日は「諦」の文字が含まれた名前に遭遇しました。
 
さて、みなさんなら、パソコンでどう入力しますか?
 
わたしは「あきらめ」と入力して「諦め」と変換し、「め」を削除しましたが、なんだか申し訳ないような気持ちになりました。
そして、この方自身は電話で「漢字ではどう書きますか?」と聞かれたとき、どう答えるんだろう?と興味がわきました。
また、この文字を子どもの名前につけた親御さん(かどうかは不明だけど)はどういうつもりでつけたのだろう、と気になって「諦」の文字を検索してみました。
 

【諦】
<テイ>
1.明らかにする。
2.締めくくり。まとめ。
3.あきらめる。
 
<タイ>
仏教で、悟り。心理。「三諦・真諦・俗諦・妙諦」
 
ほかには「ものの真実をよく見る」とか「あきらか」「つまびらか」など。
(出展:デジタル大辞泉、ほか)

 
 
ほお~!そうなのか~!
そんな深い意味があるのか・・・
さらに「諦める」という言葉は本来悪い意味ではない、というこれまた興味深い記事も発見。
 
 
「諦」を名に持つ方とはまだお会いしたことがないため、その方の名づけ由来はわかりませんが、きっといろいろな意味と願いが込められているのでしょうね。
いつかお会いできたら聞いてみようと思います。
「300人プロジェクト」でいろいろな名前に出会うことで、子どもを出産した友人たちが、名づけの本を何冊も買ってあぁでもないこうでもない、と頭を悩ませていた気持ちがやっと理解できたようです。

49708668_358383434943406_4231402454329065472_n.jpg
Posted byyumgyumg900244

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply