四国旅行 その③「金刀比羅宮」(香川県仲多度郡琴平町)

yumgyumg900244

2019年2月3日(日)


以前の記事はこちら

四国旅行 その②「祖谷渓の小便小僧像」~「大歩危祖谷阿波温泉あわの抄」
大歩危祖谷阿波温泉あわの抄を10時にチェックアウトし、向かうは金刀比羅宮(ことひらぐう)。

長い長い階段があることで有名です。

15年ほど前に一度のぼったことがあり、その際、もう二度とのぼらないなぁ、と思ったのですが、昨日からのカロリー&アルコール過剰摂取を少しでもなかったことにしよう、などという下心で・・・。

20190203_konpirasan (1)
JR琴平駅
20190203_konpirasan (2) 

20190203_konpirasan (3)
こんぴらさん表参道の土産物屋の前を車で通ると、「うちで買い物すれば駐車料金無料!」とあちこちから手招きされます。
私達は、琴平駅からの町並みを見たかったので、表参道からは少し離れますが、琴平駅近くのコインパーキング「ナイスパーキング琴平第3」に駐車。ここから賑やかな表参道までは、歩いても10分程度。

うどんのだしのいい香りや小籠包を蒸すセイロの暖かい湯気の魅力に抗いながら、長い階段をのぼりはじめます。
「金刀比羅宮(ことひらぐう)」の「御本殿(ごほんでん)」までは、785段。
さらにその先の「厳魂神社(いずたまじんじゃ)」(通称、奥社)まで行くと、1,368段になるそうです。
って、段数で言われても、全然ピンと来ませんが、日本一の高さを誇る高層ビル「あべのハルカス」が60階までで1561段あるらしい、と聞けば、なんとなくその大変さは伝わる・・・かな?

20190203_konpirasan (4)
「俺は歩きなれてるから、余裕~♪」だそうで。
20190203_konpirasan (5)
まだまだ最初の方
20190203_konpirasan (6)
431段目「桜馬場西詰銅鳥居(さくらのばばにしづめどうとりい)」
銅でできているんだそうです。
20190203_konpirasan (7) 
ここで、神馬(しんめ)に会えます。この馬は「月琴(げっきん)号」。道産子です。

月琴号の隣にいるのが「ルーチェ号」サラブレッド。
道産子とサラブレッドでは、体型が違いますね。
20190203_konpirasan (10) 
それぞれに魅力的です。
20190203_konpirasan (13)
ルーチェ号のお父さんは、G1優勝馬のマヤノトップガン
「君のお父さんには、何度も勝たせてもらったよ!ありがとう!」と、お賽銭をはずむ夫。
20190203_konpirasan (12) 20190203_konpirasan (11) 

20190203_konpirasan (14) 
こんぴらさんは山中にある海の神様。
「二十四の瞳」では、岬の文教場の子ども達が船に乗ってこんぴらさんへ修学旅行に行く場面があります。大阪の親戚にもらわれていったはずの生徒と大石先生が参道のうどん屋で再会するシーンは、子どもの私にとってもやるせないものでした。
20190203_konpirasan (22) 
旭社(あさひしゃ)。ここまでで628段。
20190203_konpirasan (35)
こんぴら狗(いぬ)
20190203_konpirasan (21)
資生堂パーラー
20190203_konpirasan (17) 
オムライス 1,750円て・・・・
今日のお昼は「讃岐うどん」と決めているので、見なかったことにします。
20190203_konpirasan (24) 
赤いジャンパーの方が持っている「杖」は、表参道や石段途中の店舗で100円で借りることができます。「借りなくても大丈夫~」と余裕でのぼり出してしばらくして「やっぱり借りといたら良かった~」と後悔しだした頃、「200円で貸します」のお店が出てくるという、この絶妙さ。
20190203_konpirasan (25) 

20190203_konpirasan (26) 

20190203_konpirasan (27)

20190203_konpirasan (28)
ヒマな人もいるもんだ、と思ったら、ほぼ毎日、出没するそうです。しかも何人も。

20190203_konpirasan (29) 
御本宮(ごほんぐう)。785段~!!!!
お参りの行列がなかなか進まない!
ナゼ!?
受験生か~。あんなに長いお参り、初めて見ました。
20190203_konpirasan (30) 
南渡殿
20190203_konpirasan (31)
こんぴら狗(いぬ)みくじ
20190203_konpirasan (32) 
お伊勢さん(伊勢神宮)には「おかげ犬」
20190203_konpirasan (33) 
世界初アルミ缶リサイクルソーラーボート「モルツマーメイド号」


さて。
御本宮までは無事、たどり着いた。
その先「奥社」まではさらに583段。
てっきりここで折り返し・・・と思いきや、足に自信がある(らしい)夫はスタスタと先へ。
今までの石段とガラッと雰囲気が変わり、緑豊かな森の中を進みます。
北原白秋の歌碑を過ぎてたどり着くのが「白峰(しろみね)神社」。
「紅葉谷」と呼ばれるくらい、秋には素晴らしい紅葉が楽しめるそうですが、今は時期でなし。
なんとここから奥社までは、さらに445段あるんです。

目まいしてきた・・・。
写真を撮る気力もありません。
もう、下山しよ?
おうどん、食べよ?

「俺はまだまだ行ける」と鼻息荒い夫を説得して、ここで下山することにします。

20190203_konpirasan (37)
下山します。のぼりの時の賑わいはどこへやら、人もまばら。
20190203_konpirasan (38)
鼓楼
くだりながら、撮り損ねた場所を撮影。
20190203_konpirasan (39) 
初めて見たタイプの石積み。石が薄い・・・
20190203_konpirasan (40) 

20190203_konpirasan (42) 

20190203_konpirasan (41) 

20190203_konpirasan (43)

20190203_konpirasan (44)
初めて見たので・・・
20190203_konpirasan (45) 
とっても新鮮だった・・・
20190203_konpirasan (46) 
可動式の水平テント?シェード?
伝わるかなぁ・・・
20190203_konpirasan (47)
なぜかこんぴらさんで夢二
20190203_konpirasan (48) 
どんなゆかりがあるのと調べてみたけど、よくわからない

「白峰神社」までの923段を行って帰って、1846段。
以前はもっとしんどい思いをした記憶があるけど、それほどでもなかったな。
でも翌日、しっかり足は筋肉痛になっていました。

さー!いよいよ讃岐うどんだぁー!!!
表参道のうどん屋さんの行列と、その向こうに見える黄金色に輝く天麩羅達を横目でチラ見して、向かうは「こんぴらうどん工場併設店」

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply