第19回 備前片上ひなめぐり(備前市・JR赤穂線「西片上駅」一帯)

yumgyumg900244

2019年3月2日(土)
お隣の備前市へ行ってきました。『第19回 備前片上ひなめぐり
20190302_備前片上ひなめぐり (8) 

うちの最寄り駅であるJR赤穂線「邑久(おく)駅」から姫路方面に4つ、「西片上(にしかたがみ)駅」まで、およそ15分の各駅停車の旅です。

この黄色い電車、スキ♥
20190302_備前片上ひなめぐり (1)

最後尾の車両から、自分の来た道に伸びる線路を眺めるのが好き
20190302_備前片上ひなめぐり (2) 

「伊部(いんべ)駅」では、海外からの旅行者がたくさん下車。
20190302_備前片上ひなめぐり (3) 

「西片上(にしかたがみ)駅」
20190302_備前片上ひなめぐり (95) 

毎日、通勤でこの駅に降り立つ夫の案内によれば、駅舎からこちら(電車が来た方向)へ向かうと、ひなめぐりの目玉である宇佐八幡宮「石段ひな飾り」にほんのちょっぴり遠くなるらしい。
20190302_備前片上ひなめぐり (4)

20190302_備前片上ひなめぐり (5) 

20190302_備前片上ひなめぐり (6)

20190302_備前片上ひなめぐり (7)

20190302_備前片上ひなめぐり (8)

20190302_備前片上ひなめぐり (9)

20190302_備前片上ひなめぐり (10)

20190302_備前片上ひなめぐり (11)

20190302_備前片上ひなめぐり (12)

20190302_備前片上ひなめぐり (13)

20190302_備前片上ひなめぐり (14)

20190302_備前片上ひなめぐり (15)

20190302_備前片上ひなめぐり (16)

速水流抹茶席(平川社中)一席500円
夫の茶碗は十二支。 
「茶碗は、その人のイメージで選ぶらしいよ」なんて聞きかじりのウンチクを披露したところ、「そうか、俺はこのイメージなのか・・・」となぜかムフフ顔の夫。
20190302_備前片上ひなめぐり (17)

20190302_備前片上ひなめぐり (18)

20190302_備前片上ひなめぐり (19)

ひなめぐりの西の端「宇佐八幡宮」から東の端「(旧)アルファビゼン」まで、およそ500m。
道中および周辺の店舗のほとんどが店先や店内におひなさまを飾って、観光客をおもてなしします。
20190302_備前片上ひなめぐり (21)

20190302_備前片上ひなめぐり (22)

20190302_備前片上ひなめぐり (23)

20190302_備前片上ひなめぐり (25)

20190302_備前片上ひなめぐり (24)

今日の診察は午前中で終了。
病院も協力しておまつりを盛り上げます。
20190302_備前片上ひなめぐり (26)

和気町「徳永こいのぼり」さんのおひなさま(奥)
人形の頭やぼんぼりの飾りは、積み木状態。子どもが自分の感性で飾ることができます。
20190302_備前片上ひなめぐり (28)

20190302_備前片上ひなめぐり (31)  20190302_備前片上ひなめぐり (30)

20190302_備前片上ひなめぐり (32)

備前焼のおひなさま
20190302_備前片上ひなめぐり (29)

こちらは倉敷を拠点に活躍されている組み木デザイナー「小黒 三郎(おぐろ さぶろう)」さんのおひなさま
ご本人の手書き文字によるブログ「小黒三郎のつちのこブログ」
20190302_備前片上ひなめぐり (33)

20190302_備前片上ひなめぐり (34)

ドラえもんとドラミちゃんは兄妹だよ!とかいう野暮なことは言いっこなしで・・・
20190302_備前片上ひなめぐり (35) 

20190302_備前片上ひなめぐり (36)

目にもごちそう
口にもごちそう
20190302_備前片上ひなめぐり (38)

20190302_備前片上ひなめぐり (39)

初めて目にする御殿に入ったおひなさま
このひなかざりは、お内裏様もほかのおひなさまもサイズが同じです。
御殿から屏風に変わって人形が外に出たことで、お内裏様のサイズが大きくなったのだとメイン会場案内役スタッフの方に教わりました。
20190302_備前片上ひなめぐり (44)

20190302_備前片上ひなめぐり (45)

この飾り方イイ!
20190302_備前片上ひなめぐり (46)

20190302_備前片上ひなめぐり (47)

江戸時代のお内裏様
20190302_備前片上ひなめぐり (48)

20190302_備前片上ひなめぐり (49)

20190302_備前片上ひなめぐり (50)

20190302_備前片上ひなめぐり (51)

20190302_備前片上ひなめぐり (52) 20190302_備前片上ひなめぐり (53)

ひなめぐりのメイン会場
20190302_備前片上ひなめぐり (96)

20190302_備前片上ひなめぐり (97) 
メイン会場には、豪奢な御殿つきひな壇がズラリ
20190302_備前片上ひなめぐり (54) 
明治時代のおひなさま
20190302_備前片上ひなめぐり (55) 

明治時代の壁掛けおひなさま
20190302_備前片上ひなめぐり (56) 


20190302_備前片上ひなめぐり (58)

20190302_備前片上ひなめぐり (59)

伝わるかなぁ・・・
屋根瓦の上のおひなさま、滑り落ちないようにテグスで結んであります。
まるでおひなさまのワイヤーアクション!?
20190302_備前片上ひなめぐり (61)

『ふなもり』ならぬ『ひなもり』
20190302_備前片上ひなめぐり (62) 
なるほど。仕出し屋さんでした。
20190302_備前片上ひなめぐり (63)

備前市の保育園・幼稚園児の作品
20190302_備前片上ひなめぐり (64) 

20190302_備前片上ひなめぐり (65)

20190302_備前片上ひなめぐり (66)

20190302_備前片上ひなめぐり (67)

浄土真宗『正覚寺』にもおひなさま
20190302_備前片上ひなめぐり (69)

20190302_備前片上ひなめぐり (68)

『おひなの花みち』
おんなの花道みたい(^^;
20190302_備前片上ひなめぐり (70)

『あ~なたの~まちので~んきやっさ~ん』が『いちごワッフルはじめました』
しかも『今年も』
20190302_備前片上ひなめぐり (72)

20190302_備前片上ひなめぐり (73)

20190302_備前片上ひなめぐり (74)

20190302_備前片上ひなめぐり (75)

備前焼4人展が開催されていた『ゑびすや荒木旅館
安政3年(1856年)創業
この日20食限定で用意された『ひな御膳』1,500円は予約で完売だそう。
通常ランチはミニ会席3,000円。食してみたい!!!
20190302_備前片上ひなめぐり (86)

20190302_備前片上ひなめぐり (85)

北大路魯山人がこちらの大広間で備前焼作家たちに握り寿司を披露されたそうです。
ほかにもゆかりの人物として、与謝野鉄幹・晶子夫妻やバーナード・リーチ、金重陶陽、緒方洪庵、犬養毅などの名も。
20190302_備前片上ひなめぐり (80)

20190302_備前片上ひなめぐり (84)

20190302_備前片上ひなめぐり (76)

20190302_備前片上ひなめぐり (77)

ほたるの光
20190302_備前片上ひなめぐり (78)

20190302_備前片上ひなめぐり (79)

フレンチブルも備前焼
20190302_備前片上ひなめぐり (82)

20190302_備前片上ひなめぐり (83)

だんじりひな飾り
20190302_備前片上ひなめぐり (89)

20190302_備前片上ひなめぐり (90)

20190302_備前片上ひなめぐり (91)

20190302_備前片上ひなめぐり (92)

『ネコス』ってなに?????
オフィス用のイスの絵が描かれている
20190302_備前片上ひなめぐり (93)

日生方面からの上り電車
20190302_備前片上ひなめぐり (94)  

全部で何体あったんだろう?
一説によると約3,500体とのことですが、もっとあるんじゃないかな・・・。

会場内には、ひなかざりだけでなく、地元有志による飲食ブースやキッチンカーもたくさんあって、『口のごちそう』も豊富。
メイン会場隣では、子ども着付け体験(1時間500円で晴れ着を来て散策できる)も開催されていて、長蛇の列でした。
晴れ着に袖を通した子ども達が嬉しそうで、誇らしげで可愛かったな。

毎朝夕、通勤で商店街を通る夫が言うには、シャッターが下りたままの店舗も多く、普段の商店街はひっそりとしているそうですが、この日は別世界。
すでに廃業された店舗も、この日はシャッターを開けておひなさまを飾っておられます。
商店街はじめ地域ぐるみでこのお祭りを盛り上げようとされているのが素晴らしいと思いました。


瀬戸内市では、旧暦の8月1日(八朔)に女の子の初節句を祝ってひな人形を飾る風習があるそうで、9月1日頃には『しおまち唐琴(からこと)通り』周辺で「八朔(はっさく)ひなかざり」が開催されます。
八朔ひなかざりには米粉の餅で作る山や海の産物をかたどった「ししこま」をおひなさまにお供えし、娘の健やかな成長を祈る風習があります。
『牛窓町観光協会おばちゃん便り』
ぜひこちらにも遊びにきてくださいね。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply