備前・福岡 一文字(いちもんじ)うどん(瀬戸内市長船町福岡1588-1)

yumgyumg900244

2018年10月14日(日)訪問

国産小麦「しらさぎ小麦」の自家栽培・製粉、学校給食への地場食材提供、郷土料理の復活・普及、食育、地産地消、農業と地方再生などなど、食を柱にさまざまな取り組みをされているうどん屋さんです。
そして、二代目の大倉秀千代さんは、2004年9月に結成された「福の市出店者会」の創設者(ってことでいいのかな?)として、「備前福岡の市」の運営など、幅広く活動されています。


「備前福岡ふるさとまつり」で華やかなだんじり練り歩きを楽しんだ後のランチタイム。
20180923_一文字うどん (1) 

店舗前に石臼の部屋があり、ここで国産小麦を自家製粉しています。
 って、いつものように店舗外観写真を撮り忘れております・・・。
写真右手は、岡山県東部を流れる一級河川、吉井川(よしいがわ) 
フェンスのむこう、河川敷には「長船カントリークラブ」があります。

駐車場は広々としていて停めやすい。
20181014_一文字うどん (1)

こちらのお店は、セルフ形式と注文形式の2通り。
今でこそ、セルフ形式のうどん屋が全国的にもあるけれど、こちらの初代が材木屋の社長から心機一転、開業されたのは30年前。きっとかなり珍しかったことと思います。
20181014_一文字うどん (6)

看板の下にオレンジや緑のカードがあるのが見えますか?
注文式メニューの場合は、この札を自分で取って、レジで注文・お支払いをします。

鴨とネギが大好きな私は、迷わず「鴨ネギぶっかけうどん」。
小麦は自家栽培の「しらさぎ小麦」で、こちらは注文を受けてから打ち上げるそうで、15分くらいかかります。とのこと。
(写真は店内で販売されている野菜。店舗入ってすぐ右側にこだわりの食材や備前焼きの販売コーナーがあります)
20181014_一文字うどん (2) 


夫はセルフで。
セルフ形式の場合はお客さん自ら、一度茹でてある麺が入った鉢を取り、茹で釜のお湯で「チャッ♪チャッ♪」したのち、だしサーバーから「濃い」「薄い」どちらか好みのだしを注いだら、ねぎとかつお節のトッピングをお好みで(ほかのお客様に迷惑がかからないよう、トッピングの大盛りやおかわりは遠慮しましょうね)
20181014_一文字うどん (3) 

「うまい!うまい!」とうどんをすすっている夫をうらやまし気に眺めながら待つことおよそ15分。
来たぁ~♥
にんじん葉の天ぷらもつけちゃえ。
20181014_一文字うどん (4) 
こちらでは、安全(無農薬)で美味しい小麦作りのために、表作で栽培する米も無農薬、合鴨農法にこだわっておられます。 餌にこだわり、自然の中でのびのび育てた合鴨は「五穀鴨」として商標登録、田んぼでの仕事を終えた合鴨はこうして「鴨メニュー」になるというわけです。
まさに命の循環。
すべての食材、命に感謝して「いただきます!」


石臼製粉で小麦一粒を丸ごと挽いていくので、麺が黒いのだそうです。
この色がまた食欲をそそります。
20181014_一文字うどん (5)

しみじみ美味しい。
大阪出身の私は、幼少期から「飲むうどん」で育ってきたため、うどんをよく噛む、ということはしてきませんでした。
しかしこちらのうどんは、じっくり噛みしめて小麦の香りと味を楽しみたい、そんなうどんです。

備前福岡の郷土料理「どどめせ」を復活させたのもこちらだそうです。
地元小学校の郷土学習の一環で、この「どどめせ」調理体験の講師をなさったり、地場食材の給食への提供などにも取り組んでおられます。
こちらの写真は「福岡の市」で購入した持ち帰り用のどどめせ 600円
20180923_一文字うどん (2) 

瀬戸内Finder「地域を愛しすぎるうどん屋さんは、地域も活性化する!?/一文字うどん(岡山県備前福岡)

わたしはまだ未体験ですが、季節の食材を使ったアイデアうどんも提供されるようです。
自宅からすぐ行けるところに、こんな素晴らしいお店があって嬉しいなー。
心もおなかも幸せになる一杯。
ごちそうさまでした。


 備前・福岡 一文字(いちもんじ)うどん
【住所】岡山県瀬戸内市長船町福岡1588-1
【電話】0869-26-2978
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】毎週水曜日、第1・3火曜日
【駐車場】有り
公式サイト http://ichimonji.ne.jp/
(2019年3月現在の情報)
※この記事の一部は、一文字うどんさん公式サイトの内容を参考に書いています。しらさぎ小麦や自家製粉、どどめせなどについて詳しくは、公式サイトをご覧ください。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply