地域色豊かな「ゴミ分別」と「食事バランスガイド」

yumgyumg900244

先日、もかけの「あけぼのの家」で催された会食で、大量の「牡蠣殻」が発生。
片づけの時、「牡蠣殻って何ゴミなんやろう・・・」とつぶやいたら、その場にいた、もかけ地区住民全員が口を揃えて「燃えるゴミじゃ!」と・・・( *´艸`)

確かに、瀬戸内市のゴミ分別カレンダーの燃えるゴミに「牡蠣殻」が含まれていました。
面白いなぁ。
瀬戸内市牛窓地区ごみ分別(一部)

瀬戸内市2019年ごみ収集カレンダー
http://www.city.setouchi.lg.jp/kurashi/soshiki/kankyoubu/seikatsukankyoka/gomirecycle/1519349110030.html


そんなこんなで、ふと思い出したのが「食事バランスガイド」
こちらにも地域版というものがあって、それがずいぶん面白いんです。

農林水産省「地域版食事バランスガイド」
健康で豊かな食生活の実現を目的に策定された「食生活指針(平成12年3月)」を具体的に行動に結び付けるものとして、平成17年6月に厚生労働省と農林水産省が決定しました。(農林水産省 公式サイトから抜粋)
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/syokuikujissenn-tiikibg.html


ご飯や目玉焼きなど定番の料理で構成される基本形に、地域の郷土料理や食卓にのぼる機会の多い料理が加えられます。
たとえば、北海道版なら「ジンギスカン」、富山県版「氷見うどん」、福井県版「おろしそば」、名古屋版「手羽先」、京都版「ぐじの塩焼き」などなど。
これを見れば、栄養バランスだけでなく、その地域の郷土料理も知ることができます。


岡山県は「津山市版」があり、「新しょうがのごはん」が含まれています。
津山市についての知識がほとんどないのでわからないのですが、よく食べられるのかな?

食事バランスガイド津山市版

いまのところ、これの瀬戸内市版はないようですが、もし作るとしたら・・・
やっぱり「牡蠣」は外せないでしょう!!
あとはナニかなぁ~?
どどめせ、ばら寿司、さわらのお造り、オリーブオイル、マッシュルームのアヒージョ・・・とかかな!?
(食材ではなく、あくまでも”料理”単位です)

こういう妄想してる時間が楽しいなー♪

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply