瀬戸内市中央公民館活動「瀬戸内べじたぶる」料理教室(2018年10月26日)

yumgyumg900244

2018年10月26日
瀬戸内市に3つある公民館のうち、邑久町にある中央公民館にて、料理講座に参加しました。
  
今日のテーマは「地元まるごといただきます」
講師は「瀬戸内べじたぶる」のみなさん。
参加費300円+材料費340円、計640円を調理室入口の受付でお支払い。
1/2カップのお米を持ち寄るシステムが、中学校の調理実習を思い出させます。

「瀬戸内べじたぶる」の皆さん。おそろいのエプロンが素敵
20181026_地元まるごといただきます (1)

20181026_地元まるごといただきます (2)

☆本日のメニュー☆
 ・豆腐ハンバーグおろしきのこかけ
 ・サバ水煮缶のレモンマスタード和え
 ・なめこの味噌汁
 ・いもようかん
20181026_地元まるごといただきます (3)

20181026_地元まるごといただきます (4)

20181026_地元まるごといただきます (5)


冒頭に「瀬戸内べじたぶる」代表の川﨑さんによるレシピ説明があり、その後、1台の調理台に3~4名の参加者+講師1名で調理スタート!
20181026_地元まるごといただきます (6)
 
みなさん日常的に包丁を握っているかたばかりなので、作業が早い早い。
役割分担など決めなくても、たったかたったか、ことが運びます。
食材を刻みながら、他愛のないおしゃべりに花を咲かせているうちに、あっという間に4品が完成♪
20181026_地元まるごといただきます (7)

この日は邑久中学校の生徒さんが3名、職場体験公民館に来ていて、彼らも受付~調理~ごちそうさま、まで一緒でした。
「どうして、職業体験公民館を選んだの?」とひとりの生徒さんにたずねたら、「子どもの頃から吹奏楽やダンスでよく来ていて、ここの人がどういう仕事をしているのかを見てみたかったから」とのこと。
「料理って大変~」といいながら、みんな頑張って取り組んでいました。 
20181026_地元まるごといただきます (8)

20181026_地元まるごといただきます (9)

20181026_地元まるごといただきます (10)

「僕、顔出てもいいっす!」ってことだったんで・・・^^
20181026_地元まるごといただきます (11)

20181026_地元まるごといただきます (12)

20181026_地元まるごといただきます (14)

20181026_地元まるごといただきます (13)

サバ水煮缶のレモンマスタード和えは、とっても簡単♪で美味しい♪
たっぷりのレモン汁でのばした粒マスタードにサバ水煮の缶詰を汁ごと入れて、レンジでチンしたスライス玉ねぎと水菜を和えるだけ。
レモンのさわやかな香りと玉ねぎの香味、粒マスタードの個性で、サバの青臭さが消えるので、青魚は苦手だけど健康のために摂取したい、というかたにはオススメのレシピです。
 
なめこの味噌汁のレシピ説明のとき、川﨑さんが「ふだんあまり使わない赤味噌を今日は使ってみましょう」と仰ったのですが、ついこのあいだまで名古屋で暮らしていた私には、その説明が新鮮でした。
名古屋といえば「八丁味噌」「赤味噌」ですから・・・。名古屋っ子のソウルフードです。
私は名古屋っ子じゃないけど、お寿司とかうなぎのときは、やっぱり「赤だし」なんです。
あ、呑み過ぎた翌朝も・・・。
 
料理が完成する頃には、調理器具の洗い物もすっかり済んで、みんなで「いただきまーす♪」

この講座の最期には、参加者がアンケート用紙に教わりたい料理の希望などを書いて提出します。今までの講座で特に多かったのが”おもてなし料理”を教えて欲しい、という声だそうです。
代表の川﨑さんはこう仰います。
”おもてなし料理”とは、変わった食材や豪華な料理のことではなく、旬の地元の食材を使って心をこめてその人のために料理をすること。わたしはそう思います、と・・・。
 
瀬戸内市には、邑久町の中央公民館のほか、長船町と牛窓町にも公民館があり、それぞれにこのような料理講座が開かれます。
「瀬戸内べじたぶる」のみなさんのほか、「かぼちゃの会」のみなさん、「旬菜 桂」の山田桂子さんが講師を務められ、それぞれに特色あるメニューを教えていただけるそうです。
開催日や申込開始日など詳しくは、毎月の公民館だよりに掲載されますので、興味のある方はぜひご覧くださいね。
また、年間の予定については、瀬戸内市公民館の「主催事業年間一覧」を参考になさってください。


20181026_地元まるごといただきます (15)  

最後に・・・
「瀬戸内べじたぶる」の会の成り立ちや活動について、代表の川﨑貞江さん(写真向かって左から2番目)にインタビューさせて頂いたので、ご紹介します。

いまから10年ほど前、瀬戸内市栄養委員(※1)として活動していた方々が委員を卒業する際、このまま終わるのではなく、市民のみなさんのために、今後も一緒に活動したいね、ということでできたのが「瀬戸内べじたぶる」。
公民館からの依頼で年2回、料理講座を開くほか、瀬戸内・喜之助フェスティバルの演者のみなさんの食事づくりや、青年団のシチューづくりのお手伝い、また今城保育園や裳掛児童館の子どもたちを対象にしたキッズクッキングなどでは、料理だけでなく正しい箸の持ち方を教えるなど、食育活動も展開されているそうです。
食で瀬戸内市の健康を支えているかたがたに、今日、出会いました。  
 
 
(※1)栄養委員
「私達の健康は私達の手で」をスローガンに、一人ひとりが充実した豊かな人生を過ごせるよう、食生活改善活動や健康づくりのための運動普及活動を行っている地域の健康づくりボランティアのこと。
出典:「瀬戸内市総合保健計画」


※本文中の写真は、被写体のみなさんの了承を頂いて掲載しております。無断転載・二次加工などはご遠慮ください。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply